女の子

小学生の時から学習したい英語は塾や専門のスクールで勉強しよう

子供の頃から身に付けよう

ガール

これからは正式な教科です

アメリカの文化が広がりつつある日本では英語に触れる機会も増えたことにより、英語学習に関心を持つ子育て世代が多くなっています。キッズ向けの英会話教室は数多くあり、幼児の頃から英語に慣れ親しませたいと考えている保護者が多くいるという事が窺えます。確かに英語は語学であるため、幼いうちから英語を耳に慣れさせる事は効果的と言えるでしょう。幼稚園や小学校においても英語に慣れ親しむための授業が行われているところが殆どで、多くは外国人の講師を招いて音楽を用いてリズムに合わせて楽しい雰囲気で授業が行われています。また、2020年度から小学生の正式な授業として英語が取り入れられることが新学習指導要領で決まりました。時代の変化により、英語という教科は小学生から大学までの長期間にわたって学ぶものとなったのです。これに伴い、小学生から英語の塾に子供を通わせる家庭もさらに増加することが考えられます。

塾に通わず学習する方法

小学生のうちから英語を学習するということは、特別難しいことではありません。例えば中学校一年生で学習している内容であれば文法も基本的なものであるため小学生にも理解しやすく、単語も日常の生活において身近な物や人・事柄に関するものが殆どであるからです。塾に通って基礎から専門家に習いたいと考える方が多いとは思いますが、家庭によっては塾に通わせる事が難しい場合もあると思います。そういった場合でも、中学生程度の基本的な内容であれば、家庭学習で十分理解ができます。ただ、近年ではリスニングが試験や学校の定期テストでもとても重要視されるので、目で見る・書くことに加えて耳で聞く学習は欠かさないようにしましょう。音声教材が家庭に無ければ、TVやラジオで中学生向けに放送されている番組を欠かさずに視聴することです。毎日の習慣として継続する事で、リスニング力は確実に身に付きます。また、耳で聞いた英語を声に出して発音することも大切です。耳で正しく聞きとれていないと正確に発音ができないため、集中して聞きとるようになります。そのような基本的な学習方法の習慣が、後々大学入試レベルの学習をする際にも効果を発揮するのです。

将来のための大きな一歩

女児

小学校の受験対策で幼児教室を利用するなら、はっきりと小学校受験を目的に掲げている幼児教室を利用するようにしましょう。吉祥寺にも受験対策を行っている施設が存在しており、学校別受験クラスなどが設けられています。

幼いころから学ばせよう

女性と子供

1歳未満から通える幼児教室もあり、楽しくいろいろなことが学べるようになっています。大人になってからも役に立つ協調性やコミュニケーション能力などまで学ぶことができます。幼児教室に通わせればより社会性の高い人間になるかもしれません。

子供の才能を伸ばすために

女の子

世田谷にある沢山の幼児教室では、幼児教室の重要性が高まっていることからいろいろな教育を受ける親子が増えています。世田谷では、専門家による講師が子供の学習意欲を伸ばそうと積極的に指導を行なっているのです。また、幼児教室によっては子供だけでなく、母親のために子育てのアドバイスも行なっています。